オリ・安達が掲げた「30盗塁・100得点」の難易度